スチームクリーナーのデメリット

スチームクリーナーを使う上でのデメリットは、どこにあるのでしょうか?スチームクリーナーはもちろん水を使います。そして、その水を本体にいれ、電気を通して高温の蒸気に変えるわけです。しかし、機種によっては、水がすぐになくなってしまい、その度に給水し、熱くなるまで待つという作業が必要なようです。

また、スチームクリーナをあてることにより、その汚れが周りに飛び散ってしまうので、配慮が必要です。その上で、ビニールを被せるなどして養生する必要があります。あらかじめ、使用するスチームクリーナーの水が飛び散ってしまう範囲を確認しておくと良いようです。

また、100度を超えないものだと汚れ落ちが悪いという使用感の感想が多くあります。また、パネル式は安価に買うことができますが、汚れ落ちが悪いようです。

ただし、ボイラー式は業務用が大半です。中には、ボイラー式でも家庭用に改良されたものもあるので、選択肢の一つだと思います。

デメリットをしっかりとわかった上で、スチームクリーナーをきちんと選べば、有効なものを買うことができます。 ところで、スチームクリーナーを使えば、どんな汚れも落ちるのでしょうか?


ピラティス・メソッド